WEEKDAY CAMPUS VISITとは?

ウィークデーキャンパスビジットは、高校生が「大学の普段の一日」を体験するプログラム。

オープンキャンパスとは違った、普段の大学の様子を知ることができます!

ポイント①普段の授業を知ることができる!

オープンキャンパスでの模擬授業や、高校での出張講義と違って、実際の授業はどのくらい難しいのでしょうか?授業のスタイルは?普段の大学の授業を体験して確かめてみましょう。

ポイント②大学生と一緒に授業に参加できる!

普段通り行われている授業なので、実際にその大学に通っている大学生が授業を受けています。先輩達の様子は、何よりのヒントになるはず。入学後、自分がモデルにしたいような人がいるかもしれません。

<こんな人にオススメ>

  • 自分が学びたいことは、この学部で合っているのか。誰か教えてほしい!
  • オープンキャンパスは楽しかったけど、普段の授業を知りたいな。
  • 行きたい大学の大学生の様子ってどんな感じなんだろう。
  • 大学入学後のイメージがわかない。

WCV一日の流れ

WEEKDAY CAMPUS VISITは、朝から夕方まで1日のプログラムです。
※ガイダンスから振り返りワークまでを含めたプログラムですので、原則として、遅刻・途中退席・早退はご遠慮いただいております。

入学後、「こんなはずじゃなかった・・・」と思う大学生の声

  • 「自分の偏差値にも合っていたから今の大学に入学した。テレビで見る大教室での授業もあこがれいて、入学前は楽しみにしていた。
     
    でも、実際授業が始まると先生にも質問しづらくて、授業にもついていけなかった。だんだん出席もしなくなってしまった・・・。」

WCVを体験した先輩大学生の声

  • 3大学4回のWCVに参加。WCVを通じて、大学の様々な側面から見ることを知った。
    WCVで実際に90分の授業を受けることができて、進路について考えるための材料になりました。3大学のWCVに参加しましたが、それぞれの大学・学部の「中身」や「特徴」を知ることができたと思います。
    WCVに参加したことで、大学がどういう場所か「持っていたイメージと変わらなかった」ということを確かめられたことは良かったです。ガイダンスや振り返りの中で、大学の見方を教えてもらったり、自分のモノサシで大学を選ぼうというメッセージを受け取ったことは、その後の大学選択の考え方のベースになりました。色々な分野を見てみたい高校生も逆にやりたいことがないという高校生も「とりあえず参加してもらいたい」ですね。
    実際に何とも思わないとしても、1回考えてみて、1歩踏み出すことは大事だと思います。
    (産業能率大学/1年生※インタビュー当時/男性)

  • WCVに参加して、大学が身近に感じられた。
    オープンキャンパスには何度も参加していましたが、違う角度から大学を見てみたいと思いWCVに参加しました。
    オープンキャンパスで見た先輩たちが、授業を受けているのが変な感じでした。大学生って、もっと大人って思っていましたが、自分とそんなに変わらないのだなと思いました。WCVに参加する前は、大学生に対して怖くて不安なイメージを持っていましたが、実際はこんなにフレンドリーなのかとびっくりしました。また、
    同じ高校生の参加者に対しては、自分の意思を持って参加していると感じました。
    自分の目で普段の大学の授業やキャンパスを見ることができたのは大きかったです。大学生活を思い描きやすくなりました。大学生は遠い存在だと思っていましが、普通でいいのだと思いました。入学後もギャップを感じなかったのは、WCVのおかげです。
    (追手門学院大学/1年生※インタビュー当時/女性)

お申し込み【事前予約制】【参加費無料】

※学校によって、申し込み期間が終了している場合があります。早めのお申込みをおすすめします!

1月の開催大学一覧

高校1〜3年生まで参加いただけます。申込みは、各大学の開催情報ページから!

開催大学            学部 開催日 都道府県
富山大学
        2017年1月5日(木) 富山
甲南大学
フロンティアサイエンス学部 2017年1月7日(土) 兵庫

↑上のボタン↑ から、
行きたい大学を選んで申し込んでね!