【大学・短大・専門学校 教職員の方対象】 WEEKDAY CAMPUS VISIT 実践報告会(10/9東京・10/20東京)

この度、大学・短大・専門学校 教職員の皆様を対象に「WEEKDAY CAMPUS VISIT※」実践報告会を、大阪(9/30)、福岡(10/2)、東京(10/9)の日程に加え、現在多くの方々よりお申込みをいただいており、ご好評につき東京(10/20)の開催日追加と、大阪(9/30)の参加定員の増席をいたしましたのでお知らせいたします。

本報告会では、参加者の追跡調査結果やWCV検証結果の報告の他、既にWCVを導入している会員大学の方より事例報告をいただくことも正式に決定しました。
WCVを実際に高大接続の方策として、導入している生の声を聞ける機会ですので、WCVは前々から気になっていた、導入を前向きに検討したいけど実際どうなのかが気になる。そんな方はぜひこの機会にご参加ください。

※本セミナーは終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

このような方は、是非ご参加ください!

  • WCVが高大接続や学生募集にどうつながっているのか、実際のところを知りたい。
  • WCVの導入を学内で説得する上で、必要なデータや進め方のヒントが欲しい。
  • 高大連携校は増えたが、出前授業の講師派遣など現状の取組みに限界を感じている。
  • 設備やアクセスなどのハード面で、高校生へのPRにおいて不利な点を抱えている。

WEEKDAY CAMPUS VISIT(略称:WCV)は、全国各地のWCV会員大学とNPO法人NEWVERYが共同で実施している高校生のための進路発見プログラムです。学期中の大学のキャンパスで、高校生が大学生と一緒に授業に参加し、入学後と同じ「普段の一日」を体験する取組みです。

大学改革への機運が高まりを見せるなか、2014年12月、中央教育審議会で高大接続に関する答申がまとまり、2015年1月には文部科学省から「高大接続改革実行プラン」が発表されました。入試が変わることで、現在のような偏差値の算出が難しくなり、高校生の大学選びも大きく変わると言われています。

今後、答申や改革実行プランを受け、どのように対応していけばよいのか。改革を加速させるためには、今何をすべきかが問われています。

WCVも正式にスタートし今年で3年目に入り、これまで全国50校以上の大学・短期大学・専門学校にて開催し、近年ではWCVの参加を経て入学しているケースも数多く見られるようになりました。本報告会では、WCVの具体的な導入事例を会員大学の方から報告頂くとともに、WCVを経て入学した学生がその後どうなっているのか、という追跡の経過もご報告します。また、答申や改革プランを踏まえた新たな高大接続としてのWCVの活用方法、ミスマッチを減らし、自校のミッションに合った学生を集めるために、WCVをどう学生募集戦略に結びつけていけば良いのか。今年度学生募集の後半戦、次年度学生募集戦略や新しい高大接続の方策としていただければ幸いです。

報告会では、このような内容を中心にお伝えします。

本報告会では、これまでのWEEKDAY CAMPUS VISIT実践事例を中心にお話いたします。

<ポイント1>WCVに参加し、その後その大学に入学した学生の経過を知ることができる

これまでもWCVに参加した際の高校生の反応や感想はお伝えしておりましたが、その後の進路選択や大学生活にどう影響したのか、ということまではお伝えできておりませんでした。正式スタートから3年目ということで、まだ大学1、2年生の状態ではありますが、入学後の状況を追跡し、定量・定性的に分析を進めていますので、その結果をご報告します。

<ポイント2>実際に開催している大学の方に話を聞くことができる

今回、各会場にはそれぞれ実際に開催している大学の方にご登壇いただき、その成果や課題をお話しいただきます。WEEKDAY CAMPUS VISITは、NEWVERYと会員大学の方々とで一緒に作り上げている取り組みですので、その一員に入るかどうか、という視点でぜひ聞いていただければと思います。質疑応答の時間も設けますので、気になっていることはぜひご質問ください。

その他、WEEKDAY CAMPUS VISITが高校に支持される背景や、実際に導入にあたって必要な学内の調整方法などについてもお伝えする予定です。

参加特典

  • 過去にWCVに参加していただいた高校生の在籍高校名一覧
  • 今年度制作したWCVパンフレットを校内で配布していただいている高校名一覧
  • WEEKDAY CAMPUS VISIT 検証レポート

開催概要

■各会場・日時・定員

<大阪会場>終了しました
日程:9月30日(水) 14:00~17:00 (13:30受付開始)
定員:50名
会場:ユーズ・ツウ 会議室B
アクセス: 大阪会場アクセスマップ
 -地下鉄四つ橋線 西梅田駅 4-B出口上がってすぐ
 -JR大阪駅 桜橋出口より南へ徒歩5分
 -JR東西線 北新地駅 10番出口より 北へ30m
 -地下鉄御堂筋線 梅田駅より徒歩5分
 -阪神電車 梅田駅より徒歩3分 ヒルトンウェスト方面へ

<福岡会場>終了しました
日程:10月2日(金) 14:00~17:00 (13:30受付開始)
定員:20名 
会場:アクロス福岡 604会議室
アクセス: 福岡会場アクセスマップ
 -地下鉄空港線 天神駅16番出口より徒歩約3分
 -地下鉄七隈線 天神南駅5番出口より徒歩約3分

<東京会場>ただいま申し込み受付中!
日程:10月9日(金) 14:00~17:00 (13:30受付開始)
定員:40名 
会場:TKP浜松町ビジネスセンター カンファレンスルーム3A
アクセス: 東京会場アクセスマップ
 -JR山手線 浜松町駅 徒歩4分
 -地下鉄都営浅草線 大門駅 徒歩4分

<東京会場>ただいま申し込み受付中!
日程:10月20日(火) 14:00~17:00 (13:30受付開始)
定員:15名 
会場:NPO法人NEWVERY事務所(TOC隣)
アクセス: NEWVERY事務所アクセスマップ
 -JR山手線 五反田駅 徒歩7分
 -東京急行電鉄池上線 大崎広小路駅 徒歩6分
 -東京急行電鉄目黒線 不動前駅 徒歩10分

参加費

無料

※本報告会は、大学・短大・専門学校 教職員を対象にした報告会です。対象以外のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

講師紹介

  • 倉部史記(くらべ しき)氏進路づくりプロデューサー。NPO法人NEWVERYフェロー(高大接続担当)。
    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。企業広報の企画・プロデュースを手がけた後、私立大学スタッフ、大手予備校の主任研究員や企業の人財採用責任者などを経験。
    現在は進路づくりプロデューサーとして大学や社会の情報を分析し、様々なメディアで発信している。昨年は、日本進路指導協会進路指導研究協議全国大会、埼玉県高等学校進路指導研究会、茨城県高等学校教育研究会を始め、高校生・高校教員・保護者向けの進路選択に関する講演を50本以上行った。文部科学省「大学教育再生加速プログラム(入試改革・高大接続)」ペーパーレフェリー。追手門学院大学アサーティブ研究センター客員研究員。
    著書に、『看板学部と看板倒れ学部 大学教育は玉石混交』(中公新書ラクレ)『文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」』(主婦の友新書)等。

お申込み方法

開催前日までに、以下のフォームよりお申込ください。
お申込み受付は各会場ともに、定員に達していない場合は開催日前日18:00まで受付可能です。
なお、定員に達した場合は申込みを締め切らせていただきますので、お早目にお申込みください。

※本報告会は、大学・短大・専門学校 教職員を対象にした報告会です。対象以外のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。