【高校教員向け勉強会】高校現場と大学をつなぐ 高大接続勉強会~15年後の社会を生き抜く進路づくり指導~

「教育再生実行会議」の提言からはじまった大学の入試改革も、今年の3月に出された高大接続システム会議「最終報告」にて、大枠が固まりました。1点ごとの点数刻みではなく、段階別の評価へと今後移り変わるなかで、高大ともに準備が求められつつあります。
 大学は個々のポリシーをもとに差別化を強めていき、自学に合う入学者を選別していきます。一方で、高校の進路指導の現場では、何が求められていくのでしょうか。偏差値順の大学ランキングと分野だけでは、進学先選びの基準として不十分な時代へと突入していきます。
 これまで以上に大学教育の理解が求められる中、高校生活の3年間を使って生徒にどのような準備をさせていくのか、一緒に考えてみませんか。ご多忙中のことと存じますが、ご参加お待ちしております。

■こんな方にオススメです

  • 入試改革に備えて早めの対策を考えたい
  • 他校の進路指導の取り組みを参考にしたい
  • 高大接続の現状を学びたい

開催概要

■実施日時

2016年10月12日(水)14:00~17:00 (13:30受付開始)

■定員

30名(先着順に受け付けております)

■対象

高校教員の方
※恐れ入りますが、高校教員限定の勉強会となっております。それ以外のご所属の方のご参加はお断りとさせていただきます。

■参加費

無料

■会場

前橋商工会議所 3階 リリィ

■アクセス

〒371-0017 群馬県前橋市日吉町1-8-1

- 両毛線下り「前橋駅」下車 タクシーまたはバスにて10分
-「新前橋駅」下車、タクシーにて20分
-「中央前橋駅」下車、タクシーまたはバスにて5分

アクセスマップ

プログラム概要

■タイムテーブル

オープンニング オープニング
第一部 講演『高大接続の現場で見える進学・キャリア教育の課題』
(NPO法人NEWVERY 高大接続事業部ディレクター倉部 史記)
第二部 事例報告
(伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校 飯塚 秀彦先生)
第三部 事例報告
(高大接続プログラムWCV実践報告「日本工業大学」)
第四部 セッション『これからに備えた進路指導のあり方と高大接続を考える』

■講師紹介


  • 飯塚 秀彦(いいづか ひでひこ)氏
    伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校
    キャリア・グローバル担当総括。

  • 倉部 史記(くらべ しき)氏
    進路づくりプロデューサー。NPO法人NEWVERY理事・高大接続事業部ディレクター。


お申込み方法

諸事情により、中止となりました。